大人のための空想ゲーム

ブログ初心者「飛行機くま」が趣味の事(ゲームや映画やパチンコ、株)や新しい挑戦に対する記録のブログです。 ブログに挑戦の意味も兼ねてがんばっていきますのでよろしくお願いします。

プロフィール

「飛行機くま」 時間を巧く仕えない下等生物。 だがやる気だけは一人前。 がんばります。

飛行機くま

Author:飛行機くま
時間がうまく使えない下等生物。
最近パチンコホールの店員さんに一目ぼれした。

最近の記事

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(9)
  • 日記(47)
  • 雑学日記(5)
  • TRPG-D&D(3)
  • 夢日記(1)
  • 料理に挑戦日記(3)
  • TRPG(1)
  • 漫画ー医龍(3)
  • 俺様探検隊!(14)

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

TRPGとは?

2006/03/14(火) 23:08:47

TRPGとは?

皆さんはゲームのRPGをご存知だろうか?
日本のゲームでは社会現象にもなった「ドラクエ」「FF」シリーズなどが有名ですね。
剣や魔法を使う戦士や魔法使いが、邪悪な魔王やその配下のモンスターと戦う。そのようなイメージを持っておられるかと思います。
簡単に言うとTRPGとはそのゲームを非電源、つまりコンピューターや機械を使わず、人間同士のコミュニケーションで行ってしまうというゲームです。

ゲームはまずプレイヤーが自分のキャラクターを作ることと、ゲームマスターがゲームストーリーを決めることからはじめます。
ルールブックを見てプレイヤーは戦士や魔法使い、僧侶といった自分の操るキャラクターを作ります。
そしてゲームマスターと呼ばれる人はゲームの骨組みとなるストーリー(悪の魔法使いを倒す、悪い竜からお姫様を助け出す)を考え、ゲームの司会進行役となり、プレイヤーたちが自分の配置したモンスターや罠をかいくぐり、見事目標を達成するのを喜ぶ・・・というのが一般的な図式となります。

こうして書くと変わったゲームだなあ?
と思う方が多いと思います。
ですがRPGの生まれたアメリカではTRPGの方が歴史が古く、むしろTRPGを不自由にする形で今のコンピューターRPGが生まれたと言えると思います。
なぜ「不自由」と書いたのか?
それはコンピューターは所詮コンピューターであり、コンピューターゲームでは

決められた範囲の事しか実行できない

からです。

それはゲーム進行を人間であるゲームマスターが行うからです。
TRPGに限らずコンピューターゲームにはストーリーがあります。
それに対してプレイヤーは苛立ちや疑問を持ったことがありませんか?
「俺のキャラクターはそんな事はしたくない」
「それってへんじゃないか? 俺だったらこうする!」
ストーリーに対して人間はいろんな反応をします。笑ったり怒ったり。それはキャラクターに感情移入する時にはもっとも大切なことで、同時にそれができる・できないかで、ゲームをやり終えた後の感想が大きく変わることになります。
ではTRPGはコンピューターゲームに対してストーリーやキャラクターで勝てるのか?と多くの方はそう思うでしょう。
その道のプロが作るストーリーやキャラクターは万全の準備で決められており、素人が作ったストーリーを遊ぶTRPGは逆立ちしても勝てない・・・と思う方がいるかもしれません。

しかし私は「はっきりTRPGの方が面白い・
・・と言い切ることができます。
なぜなら、人間は想像力とコミュニケーションにおいてコンピューターには絶対に負けないからです。
人間は決められたことを決められたとおりにする事はコンピューターに劣ります。その代わり人間には想像力とその場の状況に合わせてアドリブで話を進める・作りあげる能力、そして他人と話をあわせ、協力するるコミュニケーション能力があります。
人間同士が協力しあい、共通の話で盛り上がる。これはどんな人でも楽しい経験となるでしょう。そしてその手段としてゲームができるのです。
面白くないはずがありません。

どうです?やってみたくはありませんか?


追記:

最近は他人とうまくコミュニケーションができない子供が増えてきていると言います。
その原因としてTVゲームだけを問題とする方の意見には完全に同意することはできませんが、原因の一つとしてはあげられるかと個人的には思います。
いきなりTVゲームをやるな・・・と言わず、お父さん、お母さんも一緒にゲームを楽しんでみてはどうでしょうか?
アメリカではTRPGを親が子供と一緒になって遊ぶ方もいらっしゃるそうです。
最近ではTRPGもファンタジーだけではなく、怪奇ホラー、SF、軍事物といったように扱うジャンルも増えてきており、ストーリー次第では大人が満足できるゲームにもなるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
TRPG記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに登録してみました。 面白いと思ったらご協力ください。

FC2ブログランキング

ありがとうございます。 がんばるぞ! (゜∀゜)おー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 大人のための空想ゲーム All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。