大人のための空想ゲーム

ブログ初心者「飛行機くま」が趣味の事(ゲームや映画やパチンコ、株)や新しい挑戦に対する記録のブログです。 ブログに挑戦の意味も兼ねてがんばっていきますのでよろしくお願いします。

プロフィール

「飛行機くま」 時間を巧く仕えない下等生物。 だがやる気だけは一人前。 がんばります。

飛行機くま

Author:飛行機くま
時間がうまく使えない下等生物。
最近パチンコホールの店員さんに一目ぼれした。

最近の記事

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(9)
  • 日記(47)
  • 雑学日記(5)
  • TRPG-D&D(3)
  • 夢日記(1)
  • 料理に挑戦日記(3)
  • TRPG(1)
  • 漫画ー医龍(3)
  • 俺様探検隊!(14)

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

医龍-登場人物(2)加藤 晶

2006/04/11(火) 20:39:19

氏名:加藤 晶
性別:女
所属:明真大学付属病院 胸部心臓外科助教授

経歴
■明真大付属病院の研修医として働く。
■後のバチスタ手術患者となる婦長「奈良橋文代」と出会う。
■八年間にわたり医局で出世を重ねる。
■しかしそれは同時に、優秀な論文データや手術成績のために、多くの患者を見捨てる結果となった。
■連載開始から三年前アフリカ難民キャンプのNGO活動に携わる。
■当時、「医龍」と呼ばれた世界レベルの救急医療チームとそのリーダーである朝田と出会う。
■世捨て人同然の暮らしをしていた朝田を、研究中の論文の手術医としてスカウトする。

人物:
腐敗した大学病院の医局制度を改革する理想に燃える外科医。

女性ながら出世を重ねて明真大胸部心臓外科助教授の地位を手に入れた才女。
優秀な手術成績と論文データの積み重ね、そして医局内の政治的駆け引きに優れ、女性ながら助教授の地位を若くして手に入れる。
外科医としても優秀であり、精密な作業(一ミリ単位の縫合や、心臓弁の形成)が得意であり、また手術経験も多くこなしている。


医局内で出世するためには優秀な手術成績と論文データを積み重ね、上にアピールし続けなければならない。
そのため加藤は状態の悪い患者の多くを結果的に見殺しにする選択をしながら出世を重ねている。
また政治的駆け引きについても長けており、教授間の不仲や、不祥事を利用して脅すなど、出世のためには何でもやる非情さをもっている。

だが実際は彼女は「医局を改革するため」無理をしているようだ。
研修医時代に担当患者を亡くしてしまった時は一晩中泣き続けていたし、結果的に見殺しにしてしまった患者の一人一人の写真を持ち続け、罪の意識で自分を責め続けている。
患者を救うために改革を目指しているのに、改革を実現するための出世には患者を見捨てなければならない。そのようなギリギリの選択を強いられ続け、彼女は信じられないほど弱くなる。

加藤の敵は多い。
医局制度のトップに君臨する教授たちにとって、加藤の改革は自分たちの権力基盤を根本から崩すものだからだ。
患者、論文、教授、加藤が超えるべき現実の波はあまりにも巨大である。
だが改革という船を加藤は沈めさせない。
「死んでいった患者たちの意思を無駄にしないために」
医局の改革に成功したとしても患者たちが自分を許さないことを知っていても。

技術:
NGOのような、機材・物資ともに不足している医療現場では実力を発揮できなかったが、日本の病院では名医の部類に入る腕前をもつ。
朝田の縫合技術には劣るものの、1mm単位での正確・精密な血管縫合や、細かい作業に優れ、明真では朝田につぐ腕前をもつ。
その力量は朝田をして、「あんたなら俺の代わりをやれる」と言わしめたほど。

また政治能力に優れ、教授同士の勢力争いや、不祥事の証拠を握って裏取引をするなどしたたかな面も持っており、同時に、それが敵対勢力に知られた時のために対策もとっているなど抜け目がない。


スポンサーサイト
漫画ー医龍記事全文トラックバック数:0コメント数:0

医龍-登場人物1 朝田 龍太郎

2006/03/17(金) 22:20:42

氏名:朝田 龍太郎
性別:男
所属:明真大学付属病院 胸部心臓外科医

経歴
■市中病院で二年勤める。
■北日本大学付属病院 心臓外科に戻る。
 ◇臨床の天才と呼ばれ、霧島軍司の論文症例の執刀医を任される。
■医療ミスにより全ての患者の担当から外される。
■アフリカ難民キャンプのNGO活動に携わる。
■教授の帰国命令に背いてNGO活動を続行。大学病院解雇。
■NGO解散と共に帰国。教授に逆らったため医師の道を絶たれる。
■世捨て人同然の暮らしをしていた所を加藤晶にスカウトされ、明真大学付属病院 胸部心臓外科へ。

人物:
臨床における卓越した技術と、医療チームリーダーとして優れた指揮運営能力を併せ持つ外科医。
日本にいた頃から「天才」「麒麟児」と呼ばれ、さらに紛争地帯でのNGO活動において、資材不足の中多くの臨床経験を重ねることにより「世界トップレベル」「化物」と呼ばれる程の凄まじい技量を身につけた。

基本的にはお気楽で軽い性格らしく、甘いもの好きで看護士のおやつを横取りしたり、女性に部屋の掃除を任せたあげく有り金全部盗られて逃げられたり、同僚の看護士ミキとヒモ同然の生活をするなど、私生活ではだらしない印象を受ける。
だが、患者の事となると誰よりも優しく、真剣で、妥協することが無く、医者として可能な限りの限界を追求する。
患者を無視し、教授の意思を優先させる現在の腐敗した医局制度を何よりも嫌い、技量の無い医師の存在を認めないため、他の医局員からは嫌われている。時にそれは加藤の立場を悪くし、バチスタチーム全体を解散しかねない事件を起こす。
だが患者優先の強引なリーダーシップ、超人的な技量だけで医療チームを率いているように見えるが、誰よりもチームの一人一人を信頼し、その力量を評価しているのも彼である。

技術:
01mm単位での血管縫合や、心臓を動かしたまま手術するなど正確・精密な技術に秀でているが、朝田の真の実力は手術のスピード。
他の外科医に「同じ人間か?」と言わせる程の早さであり、しかも要所をしっかり決める。難しい手術は時間との戦いでもあり、加藤が朝田をスカウトした理由でもある。

そしてその技術を支えるのが海外の紛争地帯で行ったNGO活動だ。資材不足の中の豊富な臨床経験はその技術をさらに高める要因となっている。
漫画ー医龍記事全文トラックバック数:0コメント数:0

医龍-Team Medical Dragon

2006/03/17(金) 19:25:25

私の最近はまった漫画医龍(いりゅう)」の紹介です。


連載されている 雑誌は「ビックコミック スペリオール」(小学館)。
原案「永井 明」 漫画「乃木坂 太郎」。


タイトルの医龍とは英語で「Team Medical Dragon」。
主人公「朝田 龍太郎」 がかつてNGO時代に率いていた、世界でもトップレベルの医療チームについた「あだ名」です。
ストーリーはこの「朝田 龍太郎」が、もう一人の主人公ともいえる、明真大の女助教授「加藤 晶」が出会うところから始まります。


腐敗した日本医学界。
明真大学付属病院助教授「加藤 晶」は腐敗した医局を改革するため、教授の地位を手に入れるために、彼女は自分を含めあらゆるものを犠牲にしてきた。
その彼女が研究している論文とは心臓手術の中で最も難しいとされる「バチスタ手術」。この最先端医療手術の論文を完成させれば、医局を改革するための権力、すなわち教授の地位を手に入れることができる。
バチスタ手術の研究を進める加藤だが、問題は臨床、実際に「バチスタ手術」を行い、しかもそれを成功させる世界最高レベルの医師を確保すること。
加藤はかつてNGOにおいて、世界トップレベルの医療チームを作り上げた男「朝田 龍太郎」にバチスタ手術を行わせるため、彼が住む海岸沿いの家にやってきた・・・。


このように最近何かと問題ばかり騒がれる、日本の医療問題を扱ったマンガです。
医療関係の漫画は一時期ブームになり、またTVでも「白い巨塔」がリメイクされましたね。
最近では同じく医療問題を扱った「ブラックジャックによろしく」がブームになりましたが、
私個人の意見として、こちらの医龍の方が百倍面白いと思います
なぜならば、
「ブラックジャックによろしく」が日本医療の現実と問題に直面して打ちのめされる漫画なのに対して、

医龍」は打ち克っていく
漫画だからです!!
やはり問題を扱ったものでも、それに打ちのめされ、かろうじて抵抗をするという小さな希望では救いがありません。私は漫画は娯楽だとおもっています。問題はニュースで扱えば良い。だが、それに勝ち、夢や希望を持たせることが漫画やドラマの役割だと思うのです。


主役級の二人以外にも魅力的な脇役陣がいることが名作の条件。もちろん医龍にも様々な魅力あるキャラクターがキラリと光を放ちます。
研修医「伊集院 登」は頼りない研修医ですが、朝田や患者と向き合うことで、どんどん成長をします。他にも朝田を理解する看護士「里原ミキ」。自分勝手だが天才的な麻酔の腕を持ちながら過去の罪を悔やむ麻酔医「荒瀬」。患者を肉体的にも精神的にも支える内科医「藤吉」などどのキャラも魅力バッチリ。
対する旧体制側にも政治力を背景に君臨する「野口」教授。かつて朝田を利用し切り捨てた「霧島軍司」。朝田の理解者であると同時に加藤の政敵ともなるER(救急救命部)の「鬼頭」など魅力的なキャラクターばかりです。


現代の腐敗した日本医療を改革する二人の外科医。
卓越した技術と豊富な臨床経験、名声や出世のためではなく患者のためを第一に考える心優しき外科医「朝田龍太郎」。
改革のため教授のイスを狙うために手を汚しながらも、患者のため、仲間のために、時に不利な判断、自分を犠牲にしても、最終的には患者のために旧勢力と戦い続ける「加藤 晶」。

この二人の外科医の物語は見るものを熱くしてくれますよっ!!



 


 


 

漫画ー医龍記事全文トラックバック数:1コメント数:0
ホーム全記事一覧

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに登録してみました。 面白いと思ったらご協力ください。

FC2ブログランキング

ありがとうございます。 がんばるぞ! (゜∀゜)おー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 大人のための空想ゲーム All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。