大人のための空想ゲーム

ブログ初心者「飛行機くま」が趣味の事(ゲームや映画やパチンコ、株)や新しい挑戦に対する記録のブログです。 ブログに挑戦の意味も兼ねてがんばっていきますのでよろしくお願いします。

プロフィール

「飛行機くま」 時間を巧く仕えない下等生物。 だがやる気だけは一人前。 がんばります。

飛行機くま

Author:飛行機くま
時間がうまく使えない下等生物。
最近パチンコホールの店員さんに一目ぼれした。

最近の記事

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(9)
  • 日記(47)
  • 雑学日記(5)
  • TRPG-D&D(3)
  • 夢日記(1)
  • 料理に挑戦日記(3)
  • TRPG(1)
  • 漫画ー医龍(3)
  • 俺様探検隊!(14)

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

計画の立て方

2006/05/01(月) 21:11:52

三日坊主



「日記を書こう」「ブログは毎日更新しよう」「もう無駄使いはやめよう」「宝くじを買うのをやめよう」「ダイエットをしよう」「ファミコンは一日三時間」「タバコをやめよう」「酒の飲みすぎはもうしない」「寝坊はもうするまい」「約束は必ず守ります」「ギャンブルはもうしない」「間食をやめよう」「勉強は毎日三時間はしよう」



・・・・人間生きていれば、一度はこのような事を考えるものです(゜∀゜)

・・・で、結局、守れない場合も多いのではないでしょうか?


人間って駄目ですねぇ。





などと偉そうに言っている(゜∀゜)ですが、


三日坊主達人であります!!



では今日は、
そんな「飛行機 くま」が、これならば・・・と思った三日坊主解消法を紹介します。


今回紹介するのは、

雑誌「BIG tomorrow」に載っていたタイプ別三日坊主対処法


けっこうタメになる記事があるので、ビジネスマンから就職前の学生にもお奨めです。
(まあ、ターゲットは三十代男性なんだろうけど)


今から四種類のタイプの特徴を言いますので、当てはまるものが多いのが貴方のタイプです。


Aタイプ◇事前準備を大切にする
◇予定が狂うとイライラする
◇人に「まじめ」だねと言われる。
◇マニュアルがあると安心する

Bタイプ◇やろうと思ってそのままの時がある
◇休日は、つい昼まで寝てしまう。
◇これといった趣味はない
◇自分は意思が弱いと思う。

Cタイプ◇いま興味のあることが十以上ある
◇新しいものにすぐ飛びつく
◇考えるより行動派
◇「なんとかなる」が口癖

Dタイプ
◇周りの人の目がとても気になる
◇良いことより、悪いことのほうをよく覚えている。
◇人の意見に左右されやすい
◇失敗するくらいなら、何もしたくない


はい、みなさんはどのタイプになったでしょうか?

このタイプによって、三日坊主解消法が変わりますよ。

タイプをメモしたら、続きを読みましょうっ!!






←意思の強い方はクリック


ブログランキング・にほんブログ村へ←応援よろしゅ~



『計画の立て方』の続きを読む…
スポンサーサイト
雑学日記記事全文トラックバック数:0コメント数:3

冥王星

2006/04/28(金) 21:00:22

冥王星にはが三つあるらしいです。


科学雑誌Newtonで見かけた記事。



太陽系で、太陽から最も遠くの軌道を回っている惑星「冥王星」。

太陽系で唯一、観測衛星が到達していない星だけに、まだまだ人類が知らないことがあります。


冥王星には、冥王星の半分ほどの大きさの衛星(月)「カロン」が発見されていたのですが、

そのほかにも二つの衛星があるみたいです。



(゜∀゜)遠くの星のことがわかるなんて凄いね。


で、これで何がわかるのか・・・っていうと、

冥王星の半分もの体積を誇る衛星「カロン」が生まれた理由なんだそうな。


カロンについては二つの説が起源として考えられていたみたい。

「捕獲説」・・・惑星の重力に捕まった小惑星

「巨大衝突説」・・・本星に大きな彗星や惑星が激突。その衝撃で本星が千切れてしまい、それが衛星になる。


で、この二つの新しい衛星の発見により、その動きが詳しくわかれば、

巨大衝突説を裏付けることになるのだそうな・・・。


(゜∀゜)宇宙ってのは計算でいろいろわかるもんですね。


そういえば、

私たちの住む星「地球」の衛星「月」の起源についてもいろいろ言われているのですが、

いまのところ「巨大衝突説」が有力みたいですね。


ああ、生まれるならもっと後に生まれて、

宇宙旅行をしてみたかったなあ。





雑学日記記事全文トラックバック数:0コメント数:0

「親子愛」と「遺伝子」

2006/04/08(土) 22:41:23

前回の記事「他人を思いやるのは本能?知恵?」

コメントを「てぃあれ様」と「yokoyoko様」より頂きました。
ありがとうございます。

そこで前回チンパンジーのカップルの話をしたのですが、今度は親子関係だったらどうかという話がありましたので、




今回「遺伝子と愛」について。


哺乳類に限らず自然の中では遺伝子的理由から「親子」の関係が非常に強い動物が自然界には多く存在しています。
そのため親子愛の場合は本能的に親が子を、子が親を慕い守る傾向が強いと言えます。(もちろん例外はあります)


時にはそれが悲劇を呼ぶこともあり、ライオンは一匹の雄に無数の雌がカップリングする、一夫多妻制の群れを形成します。
ボスたる雄は力を誇示し、群れのリーダーとなって、他の雄に勝ち続けねばなりません。
その時、群れのリーダーが敗北して新しい雄が群れのリーダーとなると、
「ライオンの子殺し」が起こる時があります。
子供がいる母ライオンは子育てのために発情しません。
そのため新しいリーダーとなった雄ライオンは他の雄の子供を殺し、雌は子供を失うと発情し、交尾が可能となります。
これは本能的なものといわれています。

(゜∀゜)残酷だけど、野生の世界ならではです。


ただ身近な生物の中には、自分の子供でもないのに、自分を犠牲にしてまで戦い、守る生物もいます。
、「蟻」です。


「蟻」は一匹の女王蟻を中心にして一族で一つの巣を作ります。
知っている方も多いと思いますが、一つの巣に何千、何万ともいる蟻の中で、子供を産み続けるのは、全て、女王蟻ただ一匹だけです。


女王蟻は雄蟻と一回だけ交尾をしただけで、一生卵を産んで繁殖させることができます。
そのため、女王蟻は卵を産み続ける体になるため、卵や生まれたばかりの卵を世話することができません。

で卵を世話するのは全て女王の子供である「働き蟻」が行うことになります。
「働き蟻」は全て雌であり、同じ女王蟻の子供たちである仲間と強固なつながりをもって社会を形成しており、働き蟻は一生結婚もしないまま、女王を無数にいる姉妹たちと巣を守って一生を終えます。


ただこれにはある「からくり」があります。

実は「働き蟻」。
女王蟻の子供ではなく、「分身」なんです。


雄・雌の分かれている生物のほとんどは、二分の一ずつ遺伝子を提供して子孫を残します。
つまり人間の親子の場合、お父さんの遺伝子、お母さんの遺伝子を半分ずつもらって子供が生まれるのです。

ところが「働き蟻」の場合、女王蟻は雄蟻の精子をコントロールすることにより、自分の遺伝子を四分の三にして「働き蟻」を産みます
つまり遺伝的には「働き蟻」は姉妹以上、親子以上の関係で結ばれており、強固な社会生活を維持できるのです。


(゜∀゜)すごい。


このように「遺伝子」、特に血縁というのは動物でも非常に重要視され、親子愛というのは遺伝子・本能のレベルから備わった非常に強固な関係であるといえます。

まして人間は子孫を残すために、犬や猫のように一度にたくさんの子供を産む、馬や牛のように生まれた瞬間から外敵から逃げられるように成熟した段階で子供を産む種ではありません。

人間は、、「未熟な状態で子供を一人産み、それを守り育てる」ことを選択して進化した種族です。

当然「子供を守り育てる」という本能は強い動物です。


それなのに、なぜ「親殺し」「子殺し」が増えているのでしょう?


人間は知恵で人(親や子)を殺すといえます。



(´Д`)なんか悲しくない?
自分たちが不幸になるために知恵をつけたなんて、悲しすぎるではありませんか。


どうせなら、仲良く暮らす知恵を発達させたいよねっ!!


←愛の知恵ある人はクリックお願いします(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ←愛の遺伝子ある人はクリックお願いします。
雑学日記記事全文トラックバック数:1コメント数:5

他人を思いやるのは、本能? 知恵?

2006/04/07(金) 23:13:49

図書館で科学雑誌Newtonに書いてあった実験結果。


他人を思いやる心本能知恵か?


という実験が外国でチンパンジーを対象に行われたみたい。


結果は知恵

やはり本能レベルでは社会的な行動はできないみたいです。



社会で生きるうえで人間は集団生活を円滑にするため、
自分の都合だけではなく、他人への配慮をして生活します。
それが本能であるのか知恵であるのか調べるため、チンパンジーさんに協力していただいたみたいです。

どのような実験かと言うと、
パートナーを組んでいるチンパンジーのカップルを別々の部屋に入れる。

レバーを引くと大好物のリンゴが出てくる仕掛けを作る。
この仕掛けはAの部屋ではすぐリンゴが出るが、Bの部屋ではなかなか出ない。

食料事情が異なるA,Bの部屋で、チンパンジーがどのような行動をとるかを調べる。


食料がある/なしでチンパンジーがパートナーに対する配慮が変わるのか変わらないのか見るのです。
食料事情の変化を見ることにより、パートナーに対する行動の変化を科学者たちは期待したのですが・・・。


ところが結果は、食料が減ろうが増えようが、
チンパンジーは自分の都合で動いていただけ。
パートナーに食料を分け与えることはなかったということです。

(゜∀゜)チンパンジーつめて~

どうも個々の都合で動いているらしく、他人を思いやる・・・っていうのは育ってきた文化や感情が働いているようです。



ということは・・・。
最近の凶悪事件は「愛」が足りないから。
若者の暴走や社会全体が悪い方向に向かうような錯覚を覚える昨今ですが、人間が変わったのではなく、文化や思想として、他人を労わるということが軽視されたからみたいです。


むむむ、人間はいつからチンパンジーになってしまったのだろう。


(´∀`)チンパンジーに負けたくないよね?


←愛のある人はクリックお願いします(笑)
雑学日記記事全文トラックバック数:0コメント数:4

雑学日記

2006/04/02(日) 23:41:07

この前のラジオで聞いた話。


ブルーベリーは、目に良い

という話を皆さんは聞いたことがあるでしょうか?


なんでも、ブルーベリーに含まれる成分が、目の疲労物質を分解して、視力が回復する・・・という話らしいんですが、

私は以前、ラジオ番組でこの意見に否定的な話を聞いたことがあるんですよ。

「ブルーベリーは栄養があり、とてもよい食材です。が、視力回復といった効果はあまりないように思われます」


むう・・・ブルーベリーを食べて眼が良くならないの?
眼が悪いから、イチゴジャムではなく、ブルーベリージャムを食べているのに(笑)。


ちょっと悔しいので、自分でもネットで調べてみたのですが、
ブルーベリーで目に良い・・・とされている成分は「アントシアニン」とされています。


人間は、眼の中で物を見るときに「ロドプシン」という物質を使っています。
このロドプシンというのは、使ってもすぐ身体の中で再合成されるため減ることがありません。
だけどパソコンやテレビを長時間眺めていたり、暗いところで本を読んでいたりすると、この再合成の仕組みがうまく働かなくなったりして、視力が低下する・・・っていう仕組みになっています。

これを防ぎ、ロドプシンの再合成を助ける物質というのが、「アントシアニン」というわけです。
大抵のブルーベリー商品を見ても「アントシアニン」の効果が書いてあり、また血流をよくしたり、さまざまな効果が紹介されていて、否定的要素は少ないように思われます。


でも、一つだけ大きな問題があるのです。
それは「アントシアニン」が体内に蓄積しない物質だということ。
なんでも24時間以内に体外に排出されてしまうのです。


ですから眼を集中的に使ったときに起こる「疲れ眼」の症状には効くかもしれませんが、長期的な視力回復に必要な効果があるか・・・というと、疑問符をつけざるを得ない・・・というのが眼科医の先生の言い分らしいです。


残念ながらブルーベリー商品の中にはその蓄積しない事実や、長期的な効果が望めないといった商品説明はなされていない・・・というのが実情なようです。
でも、なかにはちゃんとそれを説明した上で、定期的な摂取をすすめる商品もあるので、そのような商品があるのは良いことだと思います。


もっとちゃんとした科学データがあるのかこれからも探していくつもりですが、
ブルーベリーはあくまで「視力を回復する補助」をしてくれる食材として認識した方が良いみたいです。

雑学日記記事全文トラックバック数:0コメント数:2
ホーム全記事一覧

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに登録してみました。 面白いと思ったらご協力ください。

FC2ブログランキング

ありがとうございます。 がんばるぞ! (゜∀゜)おー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 大人のための空想ゲーム All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。